読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あくびのこと(31)最期の旅行

f:id:popoakubi:20141030091736j:plain

 車に早く乗ろうと頑張っていましたが、もう私が抱っこしないと乗れなくなりました。今までは“瞬間移動”の様に軽々と乗っていましたが・・・。 

まず、あくびの一番好きな場所「新海浜」へ向かいました。

f:id:popoakubi:20141030091841j:plain

 いつもなら浜辺が近付くと早く降りたくて仕方がない様子でしたが、もうそんな様子はありません。でも・・・

f:id:popoakubi:20141030091926j:plain

 抱っこして浜辺に連れて行ったら、元気に立ち上がってくれました!強いぞ、あくび!

f:id:popoakubi:20141030092010j:plain

もう私の方が歩くスピードが早いので、リードは必要ありません・・・。

満足に歩けなくてショックを受けられるかもしれませんが、喜んでくれたので見てあげて下さい・・・

 そして、子供の頃よく行った「荒神山公園」へ

3頭位のワンちゃんが自由に駆け回っていたので、ドアを開けて空気の匂いだけ感じさせてあげました。ここも想い出いっぱいの公園でした。

f:id:popoakubi:20141030152513j:plain

そのあとは、想い出の場所を巡りながらドライブしました。

ビーグルのトムちゃんと 遊んだ事もあった「庄堺公園」

彦根城周辺~「金亀公園」、図書館の駐車場から歩いて行くコースでした。

彦根港~松原水泳場鳥人間コンテストの会場です。

長浜港~奥びわスポーツの森~水鳥公園

f:id:popoakubi:20141031100643j:plain

バックミラーは、ずっとあくびが映る様に調整しておきました。

そして、目的地の一つ「余呉湖」に到着!

f:id:popoakubi:20141031101353j:plain

あくびが疲れているのはもちろんですが、私もかなり疲れていたので、すぐに寄り添って昼寝をしました。『もう、こんな風に一緒に寝られなくなるんだな!』と考えながらも、いつの間にか顔をくっ付けたまま眠ってしまいました・・・。

f:id:popoakubi:20141031101422j:plain