読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらちゃん

f:id:popoakubi:20170415055117j:plain

さくらちゃんの事を何とか助けたいと考えていましたが、難しくなりました。県も「所有権放棄」の書類がないと、いくら虐待だとしても動けないそうです。

温ちゃんの時は里親捜しを頼まれていて、飼い主の方とも話は直接出来る状態だったので、あとは私の決断だけでしたが、今度は違います。飼い主の方は認知症。ご家族も不仲でご近所トラブルも多く直接話が出来る方々ではありません。

退院後の介護生活を話し合う場が病院内で行われる事がわかり、その前にケアマネージャーさんや民生委員の方と相談していて、法律上も問題がある事、フィラリアが心配な事、借金をされている生活状況を考えても、今後犬と暮らして行くのは負担が大きい事などお話しして協力して頂ける事になり、私の希望はお伝えしておきました。

  • 「所有権放棄」の書類を書いてもらえるように説得して欲しい事
  • 県が保護したあとで(飼い主とのトラブルが怖いので)私が保護する事
  • 費用の心配は要らない事

でも、所有権放棄の書類は書いてもらえませんでした。飼い主と直接「預り証」を取り交わして、一時保護したらどうか?と病院から提案されましたが、またこの環境に戻す事は私には出来ません。その時トラブルになるのは目に見えているので、お断りしました。

見捨てる事になるのかと悩みましたが、保護出来る状況になったら引き受ける事はお約束して、あとの対応はケアマネージャーさん達にお任せする事にしました。

高齢の飼い主・認知症と犬の問題は今後増えてくる事は確実で、ケアマネージャーさんも「今後の課題」と悩まれていました・・・。

f:id:popoakubi:20170415055150j:plain

5か月位効果のある蚊除けの商品をケージと首輪に付けてあげて、フードも残して置きましたが、今の私にはこれ位しか出来ず申し訳ない気持ちです・・・。